円形脱毛症

円形脱毛症の定義

円形脱毛症は、まるで 十円玉サイズの丸い形として毛が抜ける症状です。毛が抜けた部位の境目が目立つため簡単に区別できて、大半の方は、何の症状もなく急に現われるのが特徴です。ほとんどが頭皮から発生しますが、ひげ、眉、まつ毛、わきや陰部など他の部位でも発生したりします。円形脱毛症の本数や形、部位などによっては様々なタイプに分類されます。

原因

円形脱毛症は環境的要因の複合的な作用によって毛嚢の免疫体系に異常が生まれ現れたというのが現在まで一番有力な説です。これはつまり、免疫細胞(Tリンパ球)が一部の髪の毛を外部の侵入と間違って認識し毛嚢を攻撃することで脱毛症が発生するということです。このように自家免疫体系に異常が生まれ発生する円形脱毛症は時によっては相当深刻になりかねません。他はストレスなどによるストレス学説、ホルモンの異常によるホルモン学説が知られており最近では末梢神経異常説まで出ており、円形脱毛症の原因はまだ確定出来ていない状況です。

円形脱毛症の原因

1. 免疫体系の異常

円形脱毛症は環境的要因の複合的な作用によって毛のうの免疫体系の異常で現われるというのが、現在まで最も有力な説明となります。 これはつまり、毛のうの周辺にある免疫細胞が自分の髪の毛を外部の侵入と誤って認識して自分の毛のうを攻撃することで、毛のうに炎症を起こし、結局、髪の毛が抜けて円形脱毛症が発生するということです。 このように自己免疫システムに異常が生じて発病する円形脱毛症は発生した時点の自分の健康状態や生活習慣、普段の免疫力の程度などによって症状の深刻性が変わるかと思います。 このほかにストレスなどによるストレス学説、ホルモンの異常によるホルモンの学説が知られていて、最近では末梢神経異常説まで出てますが、現在までそれについて明確に明らかにされたのは何もないです。

2. 免疫力低下

免疫力が弱い年齢、つまり思春期前と更年期後の年齢で円形脱毛症になりやすかったり、長く持続する特性があるのをみると、免疫力が弱いのも一つの原因になったりまたは悪化させる要因としてみることができます。免疫力が弱くなり、免疫体系が簡単に乱れやすくなると推定することもできます。

円形脱毛症の類型

1. 単発性円形脱毛症

病巣が一つである場合のことを言います。

2. 多発性円形脱毛症

病巣が数ヶ所である場合のことを言います。 網状円形脱毛症の大きさが小さいながらも形がはっきりした脱毛が頭のあちこちに散在している網の形が現れた場合、同伴できる疾患をいいます。

3. 多発融合型円形脱毛症(賭博性円形脱毛症)

様々な病巣部位の一部が融合された形態です。賭博性頭部脱毛症、片方の耳周辺から頭の横と後ろにかけて、もう片方の耳に繋がる形態。 つまり、月桂冠を使えば届く部位の脱毛斑をさしていて、頭の後ろ側から脱毛の形態を見ると蛇がのたりのたりと這っている感じを与えるとして、 (蛇行性、が這う)という用語がつきました。

4. 全頭円形脱毛症

頭全体が脱毛を起こしている場合のことを言います。

5. 全身性円形脱毛症

頭全体のほかに眉毛、まつ毛、ワキ毛や陰謀などの体毛も併せて抜ける場合のことを言います。

*円形脱毛症状はたいてい伴う疾患がなく健康な人からも発生しますが、アトピー、ダウン症候群、甲状腺炎、リューマチ関節炎や白斑症のような自我免疫疾患患者群により高い発生頻度をみせています。 そして、同時に疾患があれば、全頭脱毛症や全身脱毛症のような深刻な形の円形脱毛症が生じる可能性がもっと高くなります。

円形脱毛症と区分しなければならない疾患

症状が円形脱毛症と似ているため、初期には円形脱毛症との区別が難しい疾患があります。 このような疾患は、円形脱毛症と区別しなければならず、治療法と治療剤が異なります。

1. 毛のう炎やできものによる脱毛斑

毛のうの周辺にかけて化膿部位がひどく生じた場合、毛のうが損傷し、毛が抜ける場合です。まるでにきびの傷跡のように頭皮が陥没してかさぶたができることもあります。炎症がひどくなければ再び毛が伸びますが、ひどい場合は瘢痕組織に変わり、毛が再び生えない事もあります。

2. 頭皮経皮症

頭皮経皮症は頭皮がまるで傷跡組織のように変わり、硬いとか厚く変わる疾患として自己免疫疾患の一つと見ています。 頭皮経皮症が発生した時、初期には円形脱毛症と似ていますが、次第に毛穴が消え、頭皮が瘢痕組織のように変わっていきます。 経皮症がある程度進めば、再び髪が生えないため、円形脱毛症と区別する必要があります。

円形脱毛の治療目的

1. 免疫機能調節:頭皮の免疫システムの非正常的な作動を正常化させて、再発しないようにストレスに対する抵抗力を強めます。

2. 緊張状態を弛緩させながら頭皮への血液供給を促進します。

3. 免疫力を高めなければなりません。

脱毛症治療剤

1. 韓方薬

1-1. 1日2回ずつ(朝&夜)服用の円形脱毛症治療剤。

1-2. 3つの形態 :Water type, Syrup type, Pill typeがあり、症状によってこの中の一つを処方。

1-3. 免疫機能安定化/免疫力上昇/発毛促進/緊張緩和

Fig.1.韓方薬(RH-1)を6週投与した後、胸腺細胞に及ぼす影響

(漢方薬の投与群でのCD4+(helperT細胞)の増加:免疫力増加)

・Normal:一般のマウス

・Contral:背中に円型脱毛が起きた群に生理食塩水を6週間投与した群

・experiment:背中に円型脱毛が起きた群に漢方薬を6週間投与した群



Fig.2.韓方薬(RH-1)を6週間投与した後、 脾臓細胞に及ぼす影響。

(漢方薬の投与群でのB細胞とT細胞の増加やHelper T細胞の増加:免疫機能や炎症反応を抑制)

・Normal:一般のマウス

・Contral:背中に円型脱毛が起きた群に生理食塩水を6週間投与した群

・experiment:背中に円型脱毛が起きた群に漢方薬を6週間投与した群

1-4.海外配送可能

2. RH-2

2-1.1日1~2回 円形脱毛症部位にかけるTonic type 治療剤

2-2.症状によって成分と濃度が変わる。

2-3.毛髪成長を助けるための栄養供給/発毛促進/炎症緩和

2-4.海外配送可能

3. 再生治療剤

3-1.週1回ずつ、円形脱毛の部分に塗る発毛誘導剤

3-2. 高純度のHerb抽出物、特許物質

3-3. 毛のう周辺の幹細胞刺激/発毛誘導/血液循環促進

(8a->8b->8c->8d:毛穴の幹細胞が刺激を受けて、新たな毛髪に成長していく過程)

3-4.小児/妊婦にも処方

3-5. 海外配送可能

*円形脱毛症を治療する際は、上の三つの治療剤を同時に処方します。

治療・予後

円形脱毛は発病して6ヵ月以内に治療を始めなければなりません。

一つまたは数個の小さな病変は発病して6ヵ月以内に治療する場合、治療率が90%以上ほど治療がうまくいきます。

しかし、発病して6カ月後に治療をする場合、治療率が次第に下がり、1年以降に治療を開始した場合、治療率が70%程度まで下がります。

15歳以前または更年期以降に生じた円形脱毛は地道に治療を受けなければなりません。

15歳以前または更年期以降に発病した円形脱毛症、賭博性円形脱毛症、全頭脱毛症は治療により多くの時間が必要であり、時には数年間治療をしたりする事がします。ですので、治療を始める時には、あせらずに忍耐心を持って地道に治療をする事が重要です。





脱毛症の類型

診療時間案内

+ 82-70-7492-5254

月・水 : 10:00~19:00
火・金 : 10:00~21:00
土  : 09:00~17:30