服用剤

湯薬

湯薬

STEP1.脱毛症の原因

  • 私たちの体は様々な精神的、身体的、物理環境的原因によって持続的に損傷を受けるようになり、結局、五臓六腑の機能が弱まり、脱毛症にまでつながることになります。脱毛症は、単なる頭皮だけの問題ではなく、自分の体を構成している五臓六腑のバラつき及び機能の衰え、気血の陰陽の調和などによって発生する症状です。したがって、脱毛症を治療するためには必ずこのような乱れたバランスや不調和、虚弱さを改善してくれて初めて、根本的な解決を成すことができます。これを体質改善と表現することもできます。
  • 治療初期には煎じ薬を約3~4ヶ月ほど服用しますが、これは脱毛症を引き起こす五臓六腑の不均衡や虚弱さを治療しながら脱毛症と関連している自分の悪い体質を改善する治療過程です。このようなプロセスは建物に例えれば、"基盤工事または床の工事"と同じ概念で、高い建物を建てるためにしっかりした基盤工事をするのと同じ道理です。
  • 脱毛症患者の方々は毛髪の成長および再生と密接な関連がある肺臓、肝臓、腎臓、脾臓などが弱まっていたり、その機能に異常をもたらされている場合がほとんどです。
  • このようなの臓腑の機能を調節しながら不足な部分を補ってあげると脱毛症を治療することができます。
  • 特に肝臓や腎臓の精血が消耗された場合が多いが、毛髪は精血から生まれることから、消耗された精血を満たし、肝臓と腎臓を保護すれば、健康増進と共に脱毛症も改善されます。また、頭や頭皮に熱が上がってくる場合が多いが、それは心臓や肝臓に熱が多くなった場合に"日照りに木が枯れてしまうように"毛髪の成長と再生に悪い影響を与えます。
  • こうしてしきりに熱が上がれば、毛髪を滋養する浄血(精血)が次第に弱まり、毛髪が弱体化されて熱が皮膚の下に鬱滞(スムーズに流れないで滞ること)して頭皮疾患が発生するなど、頭皮環境が悪化するのです。
  • したがって、腎臓や肝臓の熱を下げ消尽された浄血(精血を補充しながら、皮膚の下の鬱滞 した熱気を促してあげると、健康も良くなり、脱毛症治療にも良い効果を期待することができます。
  • 体内に血が多く溜まっていたら、頭皮と毛根を十分に滋養できなくなり、健康も悪化して脱毛症が生じるために血液をきれいにして血液循環を促進させるのが重要です。このように多様な身体的状態によっては、髪の毛は抜けて、細くなっていきますが、漢方薬はそのような身体的異常状態を直して脆弱な部分を満たすことで、脱毛症を治療します。
  • 特にイ・ムンウォン韓方クリニックでは、診察と検査を通じて10つの韓方医学に基づいた原因の中から自分だけの原因を究明し、それを改善させる処方をします。

STEP2.イ・ムンウォン韓方クリニック煎薬の効能や効果

  • 1.ストレスを受けると体内でストレス物質であるSubstancePという物質が分泌され、各種ストレス反応を起こして、脱毛症を患っている際にはより高く発見されます。ところでイ・ムンウォン漢方医院の漢方薬服用後、SubstancePが著しく減りました
  • 2.脱毛症や頭皮疾患患者の方々のほとんどは、免疫機能が落ちた状態をみせます。しかし、イ・ムンウォン韓方クリニックの韓方薬服用後は、免疫機能を担当するT細胞、B細胞、Th細胞の数が著しく増加しました。
  • 3.脱毛が起きている頭皮の毛のうの周辺には、炎症誘発細胞が多くなります。しかし、イ・ムンウォン韓方クリニックの韓方薬服用後、毛のう周辺の炎症誘発細胞が32~84%減少されました。
  • 4.治療剤に使用される漢方薬抽出物は毛のう周辺の幹細胞を活性化させて毛のうの機能や毛髪の再生を促進させます。
  • 5.漢方薬成分と漢方エキスの成分は脱毛症と皮膚炎を誘発する各種神経伝達物質を抑制して減少させます。
  • 6.毛髪の成長を促進する蛋白誘導体、血管生成因子(VEGF)、成長因子(GE)の分子を促進します。

イ・ムンウォン漢方医院煎薬:58万ウォン/1ヵ月

  • ポイント1 煎じ薬は初診時、診察を通じて脱毛症や頭皮疾患を引き起こした五臓六腑の問題を把握し、健康の良否を判断し、原因と悪化した健康状態を治療する適切な処方を下すことになります。
  • ポイント2 煎薬は1ヶ月単位で投与され、治療の初期に体質改善の目的で約3~4ヵ月程度服用することになります。

 

治療剤・製品の案内

診療時間案内

+ 82-70-7492-5254

月・水 : 10:00~19:00
火・金 : 10:00~21:00
土  : 09:00~17:30