産後脱毛症

産後脱毛症

友達も子供を生んで髪が沢山抜けましたが、今は治ったのです。どうして私だけずっと抜けるのでしょうか。 第一子を生んだ時はよく分からなかったのですが第二子を産んでからは、髪の1/3も残ってません。 「子供を生んでから2年が経ったのに治らないのはなぜなんでしょう。」

出産してから2~3ヶ月経つと髪は抜け始めますが、6~8ヶ月ほど経ってから抜け毛は減り、髪はもう一度成長するようになります。ところで、最近は多くの女性が子供を生んだ後、以前のように回復出来なくて悩んでいます。統計によると、出産を経験した女性の84%が産後脱毛症を経験し、その中で86%は以前のように回復出来なかったそうで、54%は脱毛症によりストレスを感じたそうです。

産後のケアをしてなかったり、産後のダイエットによる栄養不均衡が原因となり、体力や免疫力が落ちてしまい、脱毛症になる場合が多いです。

このような場合は妊娠と出産による身体的虚弱および栄養不均衡を改善すると、他の脱毛症に比べ回復は速く、治療効果も非常に高いです。

産後脱毛症の原因

  1. 不十分な産後ケア
  2. 出産後のストレスと過労
  3. 不規則な睡眠不足
  4. 母乳授乳やダイエットなどによる栄養不足又は栄養不均衡
  5. 出産後のダイエット

治療目的

  1. 出産と育児の過程で弱くなった体力の回復  
    妊娠と出産による身体的虚弱を速いスピードで回復させないとなりません。出産により弱まってしまった体力を早く回復させ、妊娠前の健康状態に戻れるようにしなければなりません。
  2. 血液循環促進
    体力が弱まり育児による運動不足で血液循環障害が生じやすくなります。それによって浮腫やしびれ、手足の痛みや肩の凝りなどが起きやすいのですが、特に肩と首の筋肉緊張、血液循環障害は脱毛症を悪化させる要因となります。つまり、血液循環を活性化させるのが最も大事です。
  3. 頭皮を元気に 
    出産後は脱毛症のみではなく、脂漏性皮膚炎などの頭皮の疾患も生じやすくなります。このような頭皮疾患は脱毛症を悪化させ回復を妨げるため、必ず治療が必要です。
  4. 次回の妊娠も怖がらないように
    脱毛症の女性は第一子の出産後妊娠や出産に対する恐怖感を持つようになります。産後脱毛症は健康に応じて症状の度合いが異なりますので、脱毛症を治療する際は、ご自身の健康状態を良くさせないとなりません。このような治療過程で次の妊娠や出産を怖がらないようになります。

治療方法

  1. 韓方薬:産後脱毛症は他の脱毛症に比べ韓方薬治療が何より重要です。弱くなった体力の回復と健康の増進、血行 改善のためには韓方薬が必要です。
  2. Rh-s(2):抜け毛の量を減らしながら頭皮の皮膚炎も治療できます。
  3. RH-2:養毛促進および毛のうへの血液供給を増やし毛のう周辺の幹細胞刺激し、養毛および発毛効果を誘導します。
  4. BB FOOD:産後には発生しやすい栄養不足状態を改善する必要があります。BBFOODには特に毛髪の成長に必要 な必須栄養素がたっぷり入っているため、抜け毛予防効果だけではなく毛髪が太くなる効果もあります。

脱毛症の類型

診療時間案内

+ 82-70-7492-5254

月・水 : 10:00~19:00
火・金 : 10:00~21:00
土  : 09:00~17:30