最新ニュース

faq view Page
頭皮臭、脂漏性頭皮炎、トラブル、頭皮ニキビ、フケを無くす方法、RH炎症!
日付 2018-10-26 クリック件数 53

頭皮臭、脂漏性頭皮炎、トラブル、頭皮ニキビ、フケを無くす方法、RH炎症!

 

こんにちは、イムンウオンです。

本日は、当クリニックで患者さんが抱えている様々な頭皮トラブルについてお話致します。

今まで診療してきました脱毛症患者さんの中から

女性の66%

男性の74%の方が

頭皮に炎症疾患や代表として脂漏性皮膚炎と毛農炎を抱えておりました。

 

 

 

 
 

患者さんご本人は、このような疾患があることを知らなかったようです。

ただ普段から

頭皮の痒み、フケ、臭い、出来物、頭皮ニキビ、角質、乾燥またはべた付きなどが気になったそうです。

 

患者さんの中には上記の内容すらもないという方もいます。

 

ですが、頭皮疾患をそのまま放置すると

脱毛症や白髪、癖毛、円形脱毛症などを引き起こす可能性があります。

 

突然、白髪が出で髪が癖る?

頭皮の炎症が疑われます。

1)思春期時は、ホルモン分泌が旺盛になるため新陳代謝が活発になり出る場合。

2)細かくシャンプーが出来てない場合や使用している製品が合わない。

3)普段からヘアスタイリング剤を頻繁に使用していてしっかり洗い流せてない場合。

4)紫外線を浴びたり

5)長時間、帽子を被ると頭皮温度が上がり、湿度までが上がります。

6)ロングヘアの方は、シャンプー後に髪をしっかりドライヤーで乾かしきれてない場合があります。

その場合、頭皮に湿度が長引き、特に汗まで伴うと頭皮増殖して皮膚疾患き起こす場合があります。

7)頻繁なカラーやパーマ

8)質が落ちるパーマ剤やカラー剤を使用しても同じです。

9)更年期や出産後に頭皮の免疫力が落ちる場合。

10)それ以外にストレスを受け、睡眠が不足すると体内から炎症を引き起こす物質は多く出ますが、

それが頭皮に作用した場合頭皮に炎症疾患が出来やすくなります。

女性の方なら良く経験していることです。

上記のように炎症を引き起こす原因は様々です。

 

すでにお話しましたように頭皮トラブルを放置すればするほど

脱毛症や白髪、癖毛、円形脱毛症などを引き起こす原因になってしまうため治療は必要です。


私はこのような場合に、RH炎症という外用剤を処方しています。

頭皮全体を満遍なく塗布してから20~30分後に洗い流す治療剤ですが、

頭皮の炎症が酷くなければさらなる症状改善効果がみられます。

パーマやカラーをして1~2日、痒みを訴える方へ常備薬としてすすめています。

RH炎症とは、どのような治療剤なのかもう少し詳しく調べてみましょう。

 

RH炎症を使用する前に必ず守るべきことがあります。

1つ目にシャンプー時には手の平を使用して頭皮をしっかりマッサージするように洗ってください。

2つ目がさらに重要ですが、必ず頭皮をしっかり乾かして下さい。

3つ目は手で頭皮を触ったりかくことは良くありません。感染する恐れがあります。

4つ目はカラーは必ず8週以上間隔を空けて下さい。1ヶ月に1回の間隔が短いです。

5つ目はこれからは頭髪にもUVカット剤を使用しましょう。

これだけをしっかり守っていただければ日に日に頭皮は健康になります。


 

 

 


faq view Page
頭皮臭、脂漏性頭皮炎、トラブル、頭皮ニキビ、フケを無くす方法、RH炎症!
日付 2018-10-26 クリック件数 53

頭皮臭、脂漏性頭皮炎、トラブル、頭皮ニキビ、フケを無くす方法、RH炎症!



 

こんにちは、イムンウオンです。



本日は、当クリニックで患者さんが抱えている様々な頭皮トラブルについてお話致します。



今まで診療してきました脱毛症患者さんの中から



女性の66%



男性の74%の方が



頭皮に炎症疾患や代表として脂漏性皮膚炎と毛農炎を抱えておりました。



 

 

 

 
 

患者さんご本人は、このような疾患があることを知らなかったようです。



ただ普段から



頭皮の痒み、フケ、臭い、出来物、頭皮ニキビ、角質、乾燥またはべた付きなどが気になったそうです。



 

患者さんの中には上記の内容すらもないという方もいます。



 

ですが、頭皮疾患をそのまま放置すると

脱毛症や白髪、癖毛、円形脱毛症などを引き起こす可能性があります。



 



突然、白髪が出で髪が癖る?



頭皮の炎症が疑われます。

1)思春期時は、ホルモン分泌が旺盛になるため新陳代謝が活発になり出る場合。

2)細かくシャンプーが出来てない場合や使用している製品が合わない。

3)普段からヘアスタイリング剤を頻繁に使用していてしっかり洗い流せてない場合。

4)紫外線を浴びたり

5)長時間、帽子を被ると頭皮温度が上がり、湿度までが上がります。

6)ロングヘアの方は、シャンプー後に髪をしっかりドライヤーで乾かしきれてない場合があります。

その場合、頭皮に湿度が長引き、特に汗まで伴うと頭皮増殖して皮膚疾患き起こす場合があります。

7)頻繁なカラーやパーマ

8)質が落ちるパーマ剤やカラー剤を使用しても同じです。

9)更年期や出産後に頭皮の免疫力が落ちる場合。

10)それ以外にストレスを受け、睡眠が不足すると体内から炎症を引き起こす物質は多く出ますが、

それが頭皮に作用した場合頭皮に炎症疾患が出来やすくなります。



女性の方なら良く経験していることです。



上記のように炎症を引き起こす原因は様々です。



 

すでにお話しましたように頭皮トラブルを放置すればするほど

脱毛症や白髪、癖毛、円形脱毛症などを引き起こす原因になってしまうため治療は必要です。




私はこのような場合に、RH炎症という外用剤を処方しています。

頭皮全体を満遍なく塗布してから20~30分後に洗い流す治療剤ですが、



頭皮の炎症が酷くなければさらなる症状改善効果がみられます。



パーマやカラーをして1~2日、痒みを訴える方へ常備薬としてすすめています。



RH炎症とは、どのような治療剤なのかもう少し詳しく調べてみましょう。

 

RH炎症を使用する前に必ず守るべきことがあります。



1つ目にシャンプー時には手の平を使用して頭皮をしっかりマッサージするように洗ってください。



2つ目がさらに重要ですが、必ず頭皮をしっかり乾かして下さい。

3つ目は手で頭皮を触ったりかくことは良くありません。感染する恐れがあります。



4つ目はカラーは必ず8週以上間隔を空けて下さい。1ヶ月に1回の間隔が短いです。



5つ目はこれからは頭髪にもUVカット剤を使用しましょう。



これだけをしっかり守っていただければ日に日に頭皮は健康になります。


 



 



 


ご予約・ご相談/FAQ

診療時間案内

+ 82-70-7492-5254

月・水 : 10:00~19:00
火・金 : 10:00~21:00
土  : 09:00~17:30